1416023737271s

ブドー騎手の靴下騎乗事件について語る武豊騎手



 




広告









この日は武蔵野Sがあったため東京競馬場にいた武豊騎手。
横山典騎手が笑いながらジョッキールームにいた武豊騎手の所に来て

「すごい事が起こった。あいつ裸足で乗ったぞ。」

と教えてくれた。
レース前だったのでどんな風に乗るのかとみんなでレース映像を見ていたらしい。
ブドー騎手は「靴下騎乗はフランスではよくある事」と言っていたが武豊騎手は初めて聞いたし、ルメール騎手(フランスの騎手)も見た事ないと言っていたらしい。さらに、フランスでは400gくらいなら多少重くても問題ないのでそもそもブーツを脱ぐ必要すら無いとの事。

勝負服は素材や柄によって重さが変わるのに、JRAの前検量は実際に乗る勝負服じゃなくても出来るので、そのシステムがあいまい過ぎるとの指摘も。

ちなみにこの日の朝、ブドー騎手は調整ルームの中で(忘れ物をして取りに行った?)はブーツを履いていたので「逆だろ!w」と。

過去にあったスノーフェアリーの後検量時の問題もあげていて
日本人騎手が同じことしたらものすごく非難されるだろうに、その辺の対処が甘いところも疑問に感じているようだった。



※にんじんchは個人で書いているブログです。
正しい情報や払戻金などは引用元やそれぞれの公式サイトにてご確認ください。
このブログについて





広告
世界一の馬をつくる
世界一の馬をつくる



tophe